男性型脱毛症に良いクスリ
エフペシア
アボダート

男性型脱毛症に良いクスリ

AGAとは男性型脱毛症のことを言い、多くの方が治療を行っています。当サイトではAGA治療薬の種類や効果についてご紹介しております。症状や頭皮の状態に合わせよりよい薬を探しだしましょう!

男性型脱毛症の症状と薬

男性型脱毛症(AGA)の症状は、疾患の名称からもわかるように頭髪が徐々に薄くなっていくというもので、特に前頭部から頭頂部にかけての部分にこの症状が見られます。なぜこの症状が現れるのかというと、男性ホルモンの一種であるテストステロンが5α還元酵素と結合してできるジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが、毛乳頭細胞にある受容体と結合することにより、毛母細胞の増殖を抑制する因子を出すからです。健康な人の毛髪は2~5年程度の期間をかけて太くて長いものに成長していきますが、ジヒドロテストステロンの働きによって毛母細胞の増殖が抑えられると、毛髪が十分に成長しきらないうちに毛球部の退縮が始まり、やがて抜け落ちていきます。男性型脱毛症の症状がすすむと、細くて短い毛髪が目立つようになったり、頭皮が見えるようになったりするのはこのためです。
男性型脱毛症の治療は薬物療法が用いられることが多いですが、この時選択されることが多い薬は5α還元酵素阻害薬と呼ばれる薬です。この薬はその名の通り、5α還元酵素の活動を妨げる作用を持っており、これによりテストステロンがジヒドロテストステロンへと変わるのを防ぐことができます。ジヒドロテストステロンの濃度は男性型脱毛症の症状の進行と関係があるため、この男性ホルモンの生成を抑制することで男性型脱毛症の進行を遅らせることができます。ただし、5α還元酵素阻害薬自体には発毛を促す効果は無いため、早期に発症前の状態に戻したい患者に対しては、血管拡張作用を持つ成分が含まれる薬や、毛髪の生成に関与する亜鉛、ビタミン類、タンパク質が成分として含まれている薬も投与されることがあります。

男性型脱毛症に効く薬の選び方

成人以降の男性で、額の生え際から片方、もしくは両端に剃り込みを入れたような薄毛が広がる、あるいは頭頂部に薄毛が広がっていくと言う症状が見られた場合、それは男性型脱毛症である可能性が高いです。男性型脱毛症の発症原因は、ある程度、絞り込むことができます。ひとつは、頭皮の血行不良です。血行不良が発生してしまっているため毛母細胞に十分な栄養が届かず、発毛のために必要な細胞分裂が行われないと言うのが、これを原因として男性型脱毛症が発症するメカニズムです。もうひとつは、男性ホルモンと特定酵素の作用です。毛乳頭細胞にある受容体に男性ホルモンが入り込むと、ある特定の酵素がそれと結びつきます。すると、男性ホルモンが発毛を阻害する物質へと変換されてしまうと言うのが、これを原因として男性型脱毛症が発症するメカニズムです。そして、このふたつの主な原因に対して有効だとされている成分は異なります。血行不良に対しては、ミノキシジルと呼ばれる成分が有効です。これは、血管を拡張することによって血流を良くする効果が期待できる成分です。一方の男性ホルモンと特定酵素に対しては、フィナステリドと呼ばれる成分が有効です。これは、男性ホルモンの分泌や特定酵素の働きを抑制する作用があるとされている成分です。このように一口に男性型脱毛症と言っても、原因、そしてそれに対して有効だとされている成分は異なります。ミノキシジルもフィナステリドも、勿論、安全性はきちんと確立されていますが、副作用の可能性は完全に否定できるものではありません。ですから自己判断でそれらを利用しては、効果を得られないどころか、体に思わぬ影響が出てくる恐れもあります。そのため男性型脱毛症に対して効果のある薬の選び方としては、医療機関を受診し、専門医に原因を正しく見極めてもらうことが何よりも重要なことです。

男性型脱毛症でおすすめの治療薬

男性型脱毛症には、ミノキシジルとフィナステリドという成分が効果的です。ミノキシジルはリアップなどの育毛剤に配合されています。ミノキシジルは高血圧を持った患者の治療薬でしたが、薄毛を予防する効果もあります。血圧を下げる作用は、血管を拡張することにつながり、頭皮に栄養を十分に行き渡らせることができます。有効成分が浸透しやすくなり、毛母細胞の活動が活発になります。ミノキシジルは個人差がありますが、副作用があります。特に男性型脱毛症に使われるミノキシジルタブレットは、多毛症やむくみ、動悸といった症状が現れます。副作用の度合いは配合されている濃度によって変わります。副作用が強いですが、効果もはっきりと出ます。日本の病院では処方されないので、ミノキシジルタブレットは、個人輸入で購入します。一方フィナステリドは、プロペシアという治療薬に配合される成分です。男性型脱毛症の原因に直接働きかけます。男性型脱毛症は、5αリダクターゼという還元酵素と、男性ホルモンであるテストステロンが結合し、ジヒドロテストステロンが作られることで引き起こされます。フィナステリドは5αリダクターゼの働きを阻害するので、ジヒドロテストステロンが生成されず薄毛の進行を止めることができます。フィナステリドは副作用がほとんどなく、全体の2%が性欲低下などを感じますが、軽度のものが多いです。これら2つの成分は、それぞれが違う作用を持っているので、併用するとさらに効果が出ます。特にフィナステリド1mg配合のプロペシアと、ミノキシジル5mg配合のミノキシジルタブレットの組み合わせが良いとされます。早い人で、使用して3ヶ月後には発毛を実感します。