男性型脱毛症に良いクスリ
エフペシア
アボダート

AGAとは男性型脱毛症のことを言い、多くの方が治療を行っています。当サイトではAGA治療薬の種類や効果についてご紹介しております。症状や頭皮の状態に合わせよりよい薬を探しだしましょう!

男性型脱毛症をクリニックで治療する時の注意点

男性型脱毛症の基本的な治療法は、プロペシアによって薄毛の進行をくい止め、ミノキシジルで毛母細胞を活性化させて、発毛する環境を整えるという方法が一般的です。
男性型脱毛症の原因はさまざまで、薄毛を進行させてしまう男性ホルモンが原因の場合には、血行を良くしたとしてもそれほど効果を得ることができません。そのため男性型脱毛症の治療を行う際には、まず問診や触診から薄毛の原因を見極め、それに見合った薬が処方されます。
クリニックによる基本的な治療は、月に一度の診察と薬の服用になり、男性型脱毛症を専門に行っているクリニックでは、発毛のための頭皮ケアを行ってくれます。

男性型脱毛症治療の注意点は、日本では認可されていないAGA関連薬剤やジェネリック医薬品、サプリメントなどが無数にあり、用法や用量を確認し自分が服用している内服薬と照らし合わせて、副作用や効果をしっかりと確認することが大切です。
また一度治療を始めると、効果を実感するまでには最低でも6ヶ月はかかり、その間の重運な資金が必要となってきます。途中で治療をやめてしまうと、また薄毛や抜け毛が再開されてしまうこともあるので、十分注意して治療を行うことが大切です。
そのほかにも、最近増えている女性の薄毛には、フィナステリドの副作用として、胎児に障害がでる可能性も高まるので、女性が服用しないように注意する必要があります。

男性型脱毛症はタイプ別に治療法が異なります。M型の場合は、男性ホルモンの影響が原因の場合が多いので、内服薬や注射によるホルモン療法を行います。O型の場合は、血行不良やストレスが原因の場合が多いので、頭皮の血行をよくするために生活習慣の改善や頭皮マッサージなどが効果的です。このO型のタイプは、クリニックでの治療以外に、規則正しい生活を送ることが重要なポイントで、バランスのとれた食事や運動をすることで改善する可能性があります。